2018年8月16日木曜日

夏まつり

8月15日(水)赤倉でも  夏まつり がありました。
例年と違うのは、町内会主催でなくなったこと。今年はないという声を聞き若者たちゆけむり館の産直の方々が立ち上がってくれました。もちろんなくても良い夏まつりかもしれませんが、ないと淋しい。

まず先達たちが、川床かわどこ)を設置してくれました。
赤倉では先日のように洪水被害もあるので堤防の上にデーンと。
これで少々の雨でも大雨でも大丈夫。(多分)
川床は10月31日まで誰でも利用出来ます。(もちろん悪用する人は別ですが)川原で芋煮会する人達や、釣の方々、川を見て一句ひねりたい方、大歓迎です!
 出店では、焼きそばや生ビール、美味しいものばかり。

 室内では、産直ゆけむりの方々による、アスパラとトマトの詰め放題。
大人から子供まで楽しんでくれました。詰め方にもコツがあるようで、子供さんの方がたくさん詰め込んでいたかも。
それと灯籠づくりも夢中に。子供画伯(!?)も出現しました。
昔懐かしい型抜きもあり、みんな夢中!!

スイカ割りは誰もが好き。
大きな大きな尾花沢スイカをまっぷたつにしたのは誰でしょう!?


大雨警報が出され、あいにくの雨の中ではありましたが、時々晴れ間も見え良い夜でした。
なによりも良かったことは、若い人達(若スターズ)や、今まで夏まつりに関わったことがなかった多くの人達が協力してくれたこと。
 来年は、もっとバージョンアップすると言うスタッフの声もありましたよ。
 動かなければ何も始まりません。自分達が発信源になる気概が良いですね。



2018年5月26日土曜日

むかさり

めでたい!めでたい!! 
本日は赤倉で むかさり ありました。
午後1時半、出発し赤倉ゆけむり館前では止め歌で花嫁をとめ、300人を越えるお客様から祝福を得ました。
新郎の山﨑拓くんと新婦の香菜子さん、よくお似合いのおふたりです。


















    三国一の花嫁さん!



お天気にも恵まれ、と言うかお天気もおふたりを祝福しているという感じでした。
馬に乗ったむかさりというのは何年ぶりでしょうか。古い写真を見た事はありますが、ここ数十年はなかったのではないでしょうか。

産經新聞のニュースでも23日版の配信しておりましので御紹介致します。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000000-san-l06

2018年5月16日水曜日

春まつり

5月13日の日曜日、恒例の赤倉温泉春まつりがありました。

朝8時前に薬師神社(温泉神社)に集合。
始めに富澤の東善院様にご祈祷いただきました。
その後、出立式。








春まつりには、赤倉温泉町内会・公民館を中心に、町民、あかくら幼稚園、赤倉小学校、最上中(赤倉出身)、最上中ブラスバンド、東京からボランティア組織のNICEさん等多数の方々の参加で、町内一戸一戸をくまなく回ります。


神輿も、三種類。
町内会の本神輿の他に、赤倉小学校の俵神輿、あかくら幼稚園のこどもみこし。
「家内安全! 商売繁昌!」 元気のいい声と、子供たちの可愛い声が町内に響きます。
そして今年も最上中ブラスバンドが先頭を演奏しながら行進し、花を添えてくれました。

途中の休憩所ごとに御馳走の嵐!!  写真は、一番最初の休憩所の三之亟さん。
町から委託されたところもありますが、有志として出してくれてるところも多数。この三之亟さんもそのひとつ。採りたての山菜料理や玉コンニャク、子供たちにはジュース、大人の方にはアルコールを振る舞ってくれました。その他のお宅でも各々の自慢料理がたくさんあり、みんなの笑顔!!!  重たい神輿も軽くなるというところでしょうが 、後半はやはり重たい(年を感じる)。自分も午前中若い人と一緒に担ぎました。



そんな中、4月30日(月)に
「おくのほそ道」赤倉ゆけむり館
がオープンしました。

待望の日帰りの湯の誕生です。
この施設は、赤倉住民の湯でもあります。
既存の共同浴場『村湯』が同日30日でその役目を終え、こちらに移りました。

現在の場所に村湯として建物がたち、共同風呂として機能し出したのは、定かではありませんが戦後間もなくの頃の様です。
自分の高校生の頃は、下の湯というのもありました。










写真4枚はその村湯。

手前には洗濯場もありました。





モノクロの写真は30年前の入口。
シャワーも使えないし、トイレもなかった村湯でしたが、ファンは多かったと思います。



話しは戻り、
「おくのほそ道」赤倉ゆけむり館ですが、4月29日に赤倉の住民向けにプレオープンがあり、今まで村湯に来なかった方も多数来てくれました。
30日はオープンセレモニー。
たくさんの御来賓の方々もお見えになり、賑やかにスタートいたしました。

中には産直コーナーもあり、朝採りの野菜や山菜が並びます。

地元の商店も食品や商品を出し、ここにくればお風呂にも入れて、普段の買い物も出来る。食事や飲料の持込みは出来ませんが、出前を取ったり、売店で購入したものを味わうことも出来ます。

入浴時間は、午前9時から夜10時まで。
(最終受付は夜9時までとなっております)
料金は、
  一般、450円。
  中学生、200円。
  小学生、100円。
  未就学時は無料。
入浴された方は、大広間を解放。 休憩も出来ますよ。
新館の芭蕉の湯と本館の曽良の湯は日替わりで男女別になります。
また、貸切風呂(家族風呂)も4人まで、1500円(要予約)。

先月、TUYのどよまんさんが取材に来られました。
レポーターは斉藤玲奈さん。まさに芭蕉の湯の大露天風呂に一番風呂で入って行かれました。気持ち良いーーーと絶賛でした。ありがとうございます。

連休中は毎日500人以上の方がお見えになり、混み過ぎて大変御迷惑を掛けてしまいました。実際キャパを大幅に越えていたと思います。
お時間のある方は、平日がお薦めです。









2017年2月6日月曜日

お柴灯まつり 2017

立春となる、2月4日(土)今年も盛大に お柴灯まつり が行なわれました。
例年、1月15日の小正月近くの土曜日となっておりましたが、今年は赤倉温泉スキー場にて全国中学生スキー大会があり、その歓迎として日程を調整致しました。

会場はせんしん館前・おまつり広場近くにて。
開場 午後6時、御祈祷 6時30分、点火 7時という日程です。
昨年秋の材料集めから始まり、前日から会場設営、お柴灯本体の製作が行なわれました。
鳥追いの方々も同様昨年から準備、人員の募集等、毎年の事とはいえ大変だったと思います。

鳥追いの方々は、まず村湯でからだを清め、身支度を始めます。
そしていよいよ、お薬師様から御神火を頂き出発。
赤倉温泉の真中を流れる小国川にかかる虹の橋を渡って会場入り。

お柴灯のまわりを数週回ってから点火。
今年は天候にも恵まれ、雪で濡れていないお柴灯本体は、あっという間に燃え上がりました。  
点火後、会場では打上げ 花火!!   冬の花火は奇麗ですね。

鳥追いの方々は、今年度めでたきことがあった家々や旅館・飲食店等をまわり、家内安全・無病息災・商売繁昌を祈ります。
会場では幸運みかん撒き開運大抽選会も行なわれました。

今年の鳥追いの面々。(女性は走りませんよ)
走り終ったあと、恒例となっているクラブ食堂での打上げもありました。
集合写真は翌日、鳥丸さんでの直会後。


今年で42回目をむかえたお柴灯まつり。 
今から42年前、今回同様全国中学生スキー大会があり、なにか選手達に歓迎の気持ちを伝えたいとの思いで始まりました。 以前は各家々や隣組で小さく藁を積み、正月飾りやお札を焚いていましたが、お柴灯を大きくし鳥追い行事をあわせたのもこの時からです
その当時、自分は中学3年生。みんなで隊列を組み雪面をスキーで踏み固めてコース整備を行なったことを思い出します。 今回はアルペンだけですが、42年前はアルペンはもとより、クロカンやジャンプ競技も赤倉で行なわれました。



翌日、山形新聞さんにも記事が載りました。  最上中学の生徒達が作った、町産間伐材を使ったコースターを贈ったと言う記事も一緒に。

代も少しずつかわり、若い人達へとバトンタッチして長く続けて行ければと思います。


*****************************************************************************************

1月29日(日)、赤倉温泉町内会の新年会が行われました。

午前中、お湯トピア(公民館)の屋根の雪下ろし作業。
午後より、町内安全祈願の御祈祷、その後町内会の新年会。 
みなさん美味しいお酒を戴いたようですよ。



2016年12月20日火曜日

祝 赤倉温泉スキー場開き


12月17日(土)は、赤倉温泉スキー場のオープン、スキー場開きでした。
当日は、前日の降雪もあり、一部滑走可能だったようで、通称ファミリーゲレンデを使ったデモンストレーションがありました。
自分はスキー場開きには行けませんでしたが、今シーズンの無事を祈り、御祈祷が行なわれたと思います。

今シーズンは2月に、全国中学生スキー大会があります。
思い起こせば42年程前にも赤倉温泉スキー場で同大会がありました。年がばれますが、当時自分も中学生で、地元開催だから頑張れと言われジャンプ競技を校長先生に薦められました。が、しかし、いきなりあんなもん飛べません。無理! コーチもいない。
どうやって飛べば良いのか皆目見当が付かない。根性だけでは出来ません。諦めました。
そんな記憶が蘇ります。

実は今のスタイルのお柴灯(おさいど)はこの時から始まりました。
先輩達に聞くと、以前は各家庭や隣組等が家の近くで小さいお柴灯をつくり、正月飾りやお札をお炊き上げしていた様です。

それを、当時の赤倉温泉商工会の方々が全国から来るお客様のために、歓迎を込めて行なったとのことでした。



パンフレットも、良いものが出来ました。
分割して載せました。

今日現在、ここ数日は雪の予報もなく滑走は出来ませんが、お正月の頃には帰省客や全国のスキーヤー達がこぞって、赤倉温泉スキー場に来てくれることでしょう。

スキーパックも年毎に充実し、ランチも店舗が増えました。
今年から2店舗、オールシーズン(春夏秋冬)でオープンしています。 評判も上々。
美味しいよ。しかも安い!

スキーを楽しみ、美味しいランチを食べ、温泉に浸かって頂ければと言うことで、お待ちしております。

赤倉温泉スキー場の情報は
  http://www.mogami.tv/ski/



ちなみに、今年の お柴灯まつり 
全国中学生スキー大会に合わせ、
2月4日(土)に行なわれます。





*****************************************************************************************
要  注  意


最近、LINEやSNSに変なものが届きます。
左のは、なりすまし。 同級生の名前で来ました。
真中のは、女の子の名前で。
右は、SNSで。
かなり、悪質なものもあるということで、皆さんも注意して下さい。
身に覚えのないものは、無視して削除。 決して連絡はしないことですね。


2016年11月20日日曜日

最上町 新そばまつり in 赤倉温泉

本日11月20日(日)赤倉温泉・お湯トピアもがみに於きまして、第四回 最上町 新そばまつりが開催されました。 



第四回目となる新そばまつりは、今年も大変美味しく皆さんに御提供することが出来ました。 品種は『最上早生』(もがみわせ)です。

ということで、大盛況!! 満員御礼!!
正式アナウンスはまだですが、500名以上のお客様が見えられたと思います。
毎年来て下さる方や初めての方、遠方から来て下さった方、ありがとうございました。
皆さんの顔を見ていると、とても満足して行ってくれたのではないでしょうか。

受付は10時から長蛇の列。 (1時近くまで)
会場では、新そばの他にもたくさんの特産物も販売されました。


 どんどん焼きや究極の大粒青大豆、そばソフト。美味しい!
芋の子汁やバクダン!?も。


温泉たまごやお漬け物、熟成された黒にんにく、やまがた地鶏の焼き鳥、そしてそば焼酎とヤーコン焼酎「さいの声」。 たくさんあって全部食べれなかった。
市場よりもかなり安く提供していたと思います。


別室では、蕎麦を打っておりました。 名人芸を御覧下さい。
そば打ちにおいては、こね(捏ねが重要。(コネではありません)
切りは同じ太さにしないと、茹で時間が変わります。 名人は同じ太さ。美味そう!!!!!!!!!!!!


一方、ステージ上では最上町ボランティアガイド協議会に依る、『最上町歴史絵巻』が上演されました。(11:00 &13:00 の2回)
最上町に縁のある登場人物。
 

ひとつは義経・弁慶伝説。
今を去ること文治三年(1187)、兄源頼朝の追っ手を逃れ岩手県平泉に向かう最中、瀬見温泉周辺で義経の子「亀若丸」が誕生したと言い伝えられております。ステージ上では、京の五条の橋の上で繰り広げられた、牛若丸と弁慶の対決が上演されました。
もうひとつは、松尾芭蕉が宿泊された「封人の家」での出来事。 
文禄2年(1689)尿前の関から山形県側に向かった芭蕉さんと門弟曽良さんが堺田の庄屋さんでもあった有路家に泊まる様子を演じました。 
ここで、『蚤虱(のみしらみ) 馬の尿(ばり)する まくらもと』と詠んでおります。
芭蕉さんの俳句の表現が、この地で変ったとも言われております。
皆さんを大変和やかな気持ちにさせてくれました。 毎回違う演出になる様です。



会場ホールの入口では、最上小国川流水型ダムの模型によるプロジェクターマッピングも展示してありました。スゴイ。石膏で出来た模型に上部から映像を重ねます。 そして洪水時の様子等を見ることが出来ました。 会場では収集しているマニアの方もいるというダムカードも4枚戴けましたよ。 
こうして、あっという間に新そばまつりも終了。
本日お出で下さったお客樣方。
何ヶ月も前から準備して下さったスタッフの皆さん。
蕎麦を打って下さった皆さん。
皆さんひとりひとりの力が合わさって出来るイベントです。
赤倉温泉はいつでもみなさまのお越しをお待ちしております。